日記

i feel pretty を見ておもた。

あぁサーフィン行きたい・・・

ちゅいたー(Twitter)でも呟いたけど、オリンピック目指してるアスリートも今は海に行ってないってことで、我慢、我慢・・・

あぁサーフィン行きたい・・・w

標題の件です。(仕事か?w

最近、ちょくちょく出てくる彼女のおすすめです。

良かったってことで。

総評?

ひねくれアラサー独身男性(映画そんなに見ない)の目線では・・・

82点

理由は以下に・・・

自信があればこんなにも変われるものか?(希望を持たせたい?

以下、ネタバレ若干含みます。

主人公のレネーは可愛くなりたいと願い、実際に努力している?女の子。女性?

ひょんな事から頭を強打。起きて鏡を見ると、そこには思い描いていた自分がいるじゃないですか。(容姿は変わってないけど、本人にはそう見える。

※キム・カーダシアンとかその類を想像して下さい。

容姿が変わった(と思い込んでる)事で、自信を得たレネーは何事にもポジティブに、時にがめつい姿勢で取り組みます。

  • クリーニング屋でナンパされたと思い込み。逆ナンをかます。
  • 自身が働いでいる有名な?アパレルブランドの本社受付で勤務する。(常々思い描いていた。
  • 初デートで調子に乗ってビキニコンテスト出場。(しかし、物怖じしない彼女に満場は高評価。

などなど・・・

うん。まぁ自信がついただけでここまで上手くはいかないよね。でも、希望的観測もかねてのこういった描写なのかな?

自信がありすぎて暴走気味になる?

中盤辺りから、自信満々のレネーは、若干うっとおしいキャラに変わっていきます。

かつての自信がなかった彼女の陰はありません。

旧友との合コンでも

「私(主人公)には彼氏がいるからあなたたちのサポートに徹するわ!」

的なことを言って、サポート?するのですが、

それが全然サポートのなってない。ただの悪口的な・・・

※詳しくは映画を見てね。

この辺から、「おいおいちょっとちゃうんちゃうか?」と眉をひそめて見ていました。

終盤は小泣きしましたw

さてさてどんな具合に落としどころをつけてくるのか?このまま謎の自信をつけた事で人生は上手く行くが嫌な女に変貌した主人公を見せられるのか…

またまたひょんな事から頭を強打(その理由が超絶笑えた)し、元の容姿に戻った(と思い込んでる)主人公。

※詳しくは映画を見てね。

上手く事が進んでいた彼女は、勤めているブランドの新しい事業の打ち合わせに抜擢されていて、ここでも自信満々にプレゼンをして契約を獲得する算段だったのですが…

上記の通り、元の容姿に戻った(と思い込んでいる)ので、土壇場のところで自信が急激になくなっちゃいました。

「こんな私じゃプレゼン無理や。おっ、昔の相方おるやん。プレゼン資料渡して帰ったろ。」

※詳しい描写は映画を見てね。

てな具合で、仕事放棄して帰っちゃいます。w(アメリカらしい。仕事より自分の自尊心をとる。いや、むしろ日本人は仕事を尊重しすぎているのか?自分より仕事。みたいな。

帰ってからは、何事も上手く行きません。

そらそうです。可愛くなった(と思い込んでいた)事で、自信がなくなってしまったのですから。

おぉ見事に落ちて行ってるやんwとか思いながら見てたんですが・・・

大事な何かに気づく主人公・・・

主人公はもう何が何だかで、家で自堕落な生活を送ります。

そこへ、彼から「お帰り。プレゼンどうやった?会わへん?飯行くよ。」

との、誘いが・・・

恐る恐る、ディナーに行くわけですが、圧倒的に自信をなくしてしまっている主人公はまともに彼氏と向き合えません。

そして遂には、別れを切り出します。彼は必死で阻止しようとします。

※容姿が変わっても愛し続ける彼氏の描写。

彼とも別れた、レネーは旧友と遊びに行こうと家に向かいます。

そこには旧友と合コンにいた男性達が。

「今から遊びに行くから、レネーとは遊びに行かれへん。一緒にもいかれへん。」「合コンで悪口言ったから縁切ろう。」

「なんで私たちがあなたの友達やったかわかるか?」

「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」

「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」

「やからや」

※詳しくは映画を見てね。

ここで、レネーは気づくわけです。大切な何かに。

アメリカンなハッピーエンドでめでたしめでたし

大切な何かに気づいたレネーは、勤めていたブランドの新規事業発表会に潜入。そこに友達を呼びます。

そして、こともあろうに乗っ取ります。そして、もともとあった自ブランドへの愛と、気づいた大切な何かを絡めつつのプレゼンをかまします。

※どうプレゼンするのか気になっていましたが、思わず納得のいくプレゼンをかまされ画面前で「うんうん」とうなづいていましたw

プレゼンは大成功に終わり、レネーは社員として復帰?

ここで、友人との仲も元通り?になり、彼氏に会いに行きます。

彼氏にありったけの思いを込めて、謝罪します。もちろん、彼氏は彼女を抱きしめキスしてはぴえんどーーーーー

m(__)m

ごめん。終盤めんどくさくなってかなり端折ってしまいましたが、

82点な映画でした。※私にとっては

そもそも、主人公は自信を得たことで上手く行ったのでしょうが、可愛くなりたいために美容関係に猛烈に興味があり、且つ、好きだったから上手く行ったんですよね。

うん。好きこそものの上手なれとは言ったものです。

若干、裏メッセージとして「地に足をつけた生活・行動をせえよ」と言われているような気もしました。

最後に、アメリカってやっぱえぐいほどの格差社会なんやな~って思いました。

※見れば、あなたも思うはずw

-日記
-, , , , , , , , ,

Copyright© Day by Day , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.